レックスベゴニアが増えました

よく行く園芸ショップでも、いろんな品種を見かけるようになってきたレックスベゴニア。といっても、まだまだ少ないんですけど、ここ数ヶ月でたいぶ増えてきたように思います。価格も一鉢、500円~700円くらいなので、持っていない品種を見かけたら買うようにしています。

前回、ベゴニアを紹介した記事はこちら

レックスベゴニア アラスカクリーク

レックスベゴニア アラスカクリーク

スイカを連想させるような葉のデザインがおもしろいです。もりもりで、とってもボリュームがあります。

レックスベゴニア アラスカクリーク

どうしてもスイカに見えてしまうので、夏のイメージです。

レックスベゴニア アジアンツンドラ

レックスベゴニア アジアンツンドラ

どのへんがツンドラなのかは謎。でも、葉の白とグリーンのコントラストがすてきなベゴニアです。こちらも、元気でもりもり系。

葉のふちのドットが気に入っています。

レックスベゴニア オータムエンバー

レックスベゴニア オータムエンバー

この品種は、とにかくよく見かけました。名前の通り、秋の紅葉を思わせる葉の色がきれいです。濃いオレンジ、濃い赤、薄いイエロー、薄いオレンジ、グリーンとオレンジの中間のような色などなど、よくもまあこんなにバラバラになったもんです。

レックスベゴニア オータムエンバー

葉にある小さな黒っぽい点々は、もともとありました。アクセントになっていますよね。

おわりに

なんか元気ないなー、しおれてきているなーと思ってお水をあげると、みるみるシャキッとするのですごくわかりやすいです。しおしおになる前に、お水をあげないとかわいそうなんですけどね(苦笑)室内管理していると、つい。

平田ナーセリー久留米店には、すてきな鉢に植えられたベゴニアがありましたよ!名前はわからなかったのですが、多分、うちにあるコレだと思います。

ベゴニア

うちのレックスベゴニアたちは、黒のスクエアプラ鉢で統一していますが、葉のカラーやカタチが個性的なので、鉢をシンプルな陶器鉢に変えてあげるだけで、すごく見違えると思います!安いプラ鉢を使っている私がいうのもなんですが、ベゴニアは鉢選びもたのしい植物だと思います。

あと、本当に室内でも大丈夫ですよ。本を読めるくらいの明かりがあればいいので、育てやすいんじゃないかと思います。私はお水やりのついでに、たまーに屋外の日陰に晒していますけど。価格もお手頃なので、もっといろんな品種のレックスベゴニアが並ぶようになるといいなあと思います。

関連記事