梅雨到来!熱帯植物に挑戦するなら今!-ソネリラ(ノボタン科)編-

ソネリラ(ノボタン)

インドネシア原産のノボタン科ソネリラ属の植物です。動画を観ると、ちょっとジメっとした湿度高めの、あまり日が当たらないところに自生していますね。タイやベトナムにも自生しています。

ソネリラsp. “マタン” Sonerila sp.“Matang”

sp.なので、原産地不明のマタンです。葉が赤っぽく見えるのは、裏の色が透けているから。ほんとうはもっとグリーンです。グリーンの葉に白い(たぶん白)ドットなんです。もっとかわいいんです。ドットがピンクの個体もあるようです。

私が仕事中に届いたので、封だけあけてそのままにしておいたら、みるみるシナシナになって慌てて密閉容器に移しました。ほんと、焦りました。ぐたーっと倒れていましたから。今でも、一番大きな葉が上に向いてくれていません。

ソネリラ カロフィラ セランゴール“Sonerila calophylla Selangor”

こちらは、ヤフオクで購入。SP.が付いていないので、マレーシアのセランゴール州で採取した株を、葉挿しなどで増やした子株ということではないかと思います。

こんなに小さいのに、微毛が。かわいすぎる。

で、こちらも同じカロフィラです。メルカリで購入しました。「ソネリラ カロフィラ」とだけ記載がありました。葉の色がずいぶんワインレッドです。

わかりにくいんですが、実は右の葉、少し怪しいです。少し茶色になっている部分がある……。温度か、湿度か、急な環境変化についていけていないのか……。

ソネリラ カロフィラ

ソネリラsp.ピッサヌローク Sonerila sp.Phitsanulok

sp.とついていて「ピッサヌローク」とあるので、原産地はタイで名前は不明ということかと思われます。大きくなると、きれいなグリーンの葉に小さなドットが映える微毛系になる予定です。

おわりに

今のところ、送られてきたままの水苔が付いたまま、手持ちの一番小さな鉢に入れているだけです。根っこがどのくらい張っているかとかは確認できていません。

置く場所もそんなにないので、セリアで買った虫かごを活用しています。これ、大きさはちょうどいいんですが、やはり蓋に空気穴があるので、湿度が微妙でした。密閉するために、とりあえずサランラップで蓋を覆っています。

セリアで買った虫かご

これくらいの大きさで、透明なプラ容器があるといいな。あと、作業台に棚が欲しい。簡易の温室を作らなければ!と思っています。

とにかく、育成方法など手探り状態です。植物には申し訳ないんですが、それも楽しかったりします。もちろん、ホームセンターや園芸ショップで買えるような植物ではない(ベゴニアよりも入手困難!)ので、失敗はしたくないんですが、おそらく、なにかしらやらかすでしょう。

育て方の記録にもなるので、経過報告もたまにやっていきます。溶けないように祈っていてください。

関連記事