マコデス・ペトラを使って苔テラリウムに挑戦!-準備編-

母の日にもらったマコデス・ペトラを使って、苔テラリウムに挑戦します!細かい作業苦手……寄植えなんてしたことない……センスの欠片もないんですが、どうしてもやってみたかったので。

今回は必要なアイテムなどをご紹介していきます。苔ビギナーですし、小さくて、繊細なものを扱うので、いろいろと揃えました。

苔とテラリウム制作に使用するアイテムの一部は、「道草」さんで購入しました。

苔の専門店なんか、この辺にはないですからね。インターネット様様です。見ているだけでも楽しいので、苔に少しでも興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

苔 4種

苔

なにはともあれ、苔が必要です。道草さんのYou Tubeチャンネルで紹介されていた苔と同じものを購入。おススメ4種パックです。苔を選べるのがうれしいですね。

タマゴケ

タマゴケ

この苔、めちゃくちゃかわいいです!ふっくらこんもりした葉の中に、小さな目玉おやじのようなものがいます。これは「(さく)」といって、この中に胞子がはいっています。これが、はじけて胞子を飛ばすんですね~。おもしろい!

早いところであれば、2月中旬くらいから、朔が見られるそうです。仮根は茶色。

ホウオウゴケ

ヒノキゴケ

鳳凰の羽のようにうつくしい苔。流通量が少なめのようで、若干手に入りにくいいかもしれません。道草さんでも売り切れていたんですが、タイミング良く入荷してとのことで買うことができました。水中栽培もできるようなので、アクアリウムにも使われることから、需要が多いんでしょうかね。

ヒノキゴケ

背が高めで、フサフサのやわらかい葉が特長の苔。苔の中でも大型の部類みたいです。こういう、高さのあるものは、レイアウトには欠かせない存在。(だと思う)

オオバチョウチンゴケ

オオバチョウチンゴケ

透き通る、楕円形の葉がとってもきれいな苔。葉はやや硬めです。北海道から沖縄まで、日本中に自生しているとのこと。いつか、採取しに行ってみたいです。

苔たちは、こんな感じでパックにはいって送られてきました。

道草さんの苔4種パック

すぐには使わないので、霧吹きで水分を与えて直射日光を避けて置いておきます。

用土

土は2種類購入しました。これらを、見よう見まねで混ぜ合わせて基本の用土をつくります。昨日の記事で紹介したベゴニアなんかは、ボタニカルソイルだけで大丈夫。

ボタニカルソイル

ボタニカルソイル

黒土を焼成して、多孔質化した園芸用土です。植物に必要な栄養分を含んでいて、匂いもないので室内で栽培する植物におススメ。繰り返して利用することができるそうです。

苔テラリウムソイル

こちらは、道草さんのオリジナルブレンド土です。割合は企業秘密とのことですが、焼赤玉土、富士砂、くん炭がブレンドされています。自分でつくろうかと思ったんですが、よい富士砂がなかなか手に入らずで、手っ取り早く道草さんで買うことにしました。

苔用ソイル

装飾用アイテム

川砂利(小粒)

ちょっと足りなかったかもしれません。

輝板石と黒光石

手前右が輝板石で、今回のテラリウムに使用するレイアウト用の石です。奥のマーブルになっている石は、黒光石です。なんとなく買ってみました。キレイだったので。

制作やお世話に使うアイテム

ピンセット

アクアリウム用をAmazonで購入。2本セットでした。長いです(笑)そして重いです。ちゃんと使いこなせるのでしょうか……。

ミクロスパーテル

ミクロスパーテル

苔を植え込んでいくときに、苔をおさえるのに使います。これも、ちゃんと使いこなせるのか不安です。反対側は耳かきのようになっています。

その他のアイテム

霧吹き

百均のでもよかったんですが、ミストの細かい霧吹きが欲しかったので買ってみました。なんと道草さんのネーム入り。こういうの、何気にうれしいです。ストッパーが付いています。

青森ヒバオイル

青森ヒバから抽出した精油。カビ防止用オイルです。めちゃくちゃ清涼感のある香りがします。500mlのペットボトルに2~3滴ほどいれてよーく撹拌し、普段のお水やりに使います。カビ予防なので、カビが発生する前に使用します。

一ヶ月くらいであれば、冷蔵庫で保存可能とのこと。

ぺんてるの絵筆15号です。土や砂の表面をならして、整えるときに使います。Amazonで500円くらいでした。

まとめ

その他、百均で、漏斗や計量カップ、ステンレス製のバットなどを買いました。ちなみに、ガラスの容れ物は今よりもう少し大きめのものをニトリで購入。これで、週末にようやく着手できそうです。

by
関連記事