外注ライターさんがアルバイトとして働くことになった話し

ライターさんのなかには、報酬額アップの交渉や依頼記事数の増減を相談してくる方がいます。素晴らしいですよね。現状に満足せず、自分の価値をきちんとわかっていなければできないことです。

ただ、ご本人が思っているスキルが、クライアントの求めているレベルではないこともあり、お断りする場合も多々あるのが現状です。あ、減らしてほしいというご要望には割と快諾しやすいです。というのも、ライター募集で求人を出すと、それなりの応募があるので、次の方が見つかりやすいんです。もちろん、すぐにこちらの求めるライターさんが見つかるとは限りませんが(苦笑)

自分のスキルがあがったな、ライターとしての実績が溜まってきたなと思ったら、どんどん交渉してみましょう。聞くのはタダです。安売りする必要はありません。

ライターさんの要望

あるライターさんから、「月に5万~6万円程度の安定した仕事をする方法はないか?」というご相談がありました。その方は、ジャンル問わず書いてくれるし、納期延長もほとんどなく、記事の質も中の上というレベルの方。

記事を書いてもらうだけでは、月に5万円は難しい。そんなところへ、ちょうどアルバイトの空きが!これはまさに、絶妙なタイミングでした。他のチームのサポートというポジションで働きませんか?と打診。了承をいただき、今月から一緒にお仕事をすることになりました。

なんだか少し不思議な感じです(笑)知っているようで、知らないようで、知っているという。メールでのやり取りだけでしたが、文章の癖や、メール文からなんとなくのイメージが自分の中でできていたので。

仕事内容的に、頻繁に絡むことはなさそうですが、ドキドキするようなワクワクするような変な感じです。

過去にもあったライターさんからアルバイトのパターン

私がこの会社で業務委託を受ける前にもライターからアルバイトになった方がいました。ちょうど私と入れ替わりだったので、お名前しか知らないんですけど。

どうして辞めてしまったのか、詳細は知りませんが他のアルバイトの方がいうには「内情を知って嫌になったのでは……」ということでした。うん。それ、ありそう(苦笑)

結構、知りたくないことも知ってしまうので。たとえば、報酬のこととか。え?こんなにマージン取ってたの?的な。校正ってこんなに大変なの?とか。逆に、こんなに適当でいいの?とか。記事のジャンルやクライアントにもよりますが、うちの場合、校閲レベルで記事チェックをしてしまうと、仕事が終わりません……。ライターさんだと、それが気になって気になって、地味にストレスになってしまうかもです。割り切ってしまえば楽ですが。

そもそも、Skypeでの顔出し朝会や、チャットワークでの報連相、電話対応など、合わないかもしれません。そういうコミュニケーションが苦手で、ライターをメインでやっている人であれば、面倒だと思うだろうし、苦痛に思うんじゃないかな。

ビデオ会議 オンライン

まとめ

自分が何をしたいか、どういう仕事をメインにしていきたいか、にもよるかと思いますが、今回のようにライターさんからアルバイトというパターンもあります。タイミングなんかもありますが、地道にコツコツと、お仕事を受注していれば、クライアントから声をかけられることだって十分ありますし。

校正から学ぶこともたくさんあるので、自分の記事レベルもアップします。校正って、ある意味、ライターよりレベルが高くないとできない仕事だと思うので。校閲になると、もっと高いスキルが要求されますしね。他の人が書いた記事をたくさん読んでいれば、また別の視点での気づきがあるのできっと役に立ちますよ。

関連記事