YASHICA ELECTRO(ヤシカ エレクトロ)35CCのジャンクを買いました

どうしても欲しかったヤシカエレクトロ35CCですが、なかば諦めていたところへ程度の良さそうなジャンク品がオークションで出品されているのを発見し、即、購入。

ヤシカエレクトロ35CCは、1970年代の半ばくらいにYashicaが製造した、コンパクトなレンジファインダーカメラです。35mm F1.8という明るい広角レンズが付いている結構珍しいカメラです。

ストラップが付属していたんですが、驚くほど汚れていたので、ジャブジャブ洗いましたが、それ以外はまあまあ満足。黒いボディがカッコいい!

ヤシカ エレクトロの状態をチェック!

電池ボックスの蓋は、コインなどで反時計回りに回すと開きます。この蓋はもう売っていないので無くさないように気を付けてくださいね!

4LR44の電池がなかったので、LR44の電池を4個重ねて、その周りを絶縁テープでぐるぐる巻きに。足りない分の嵩はアルミホイル(適当に丸めただけ)で代用しました。※よい子はマネしないでね

4LR44(アルカリ電池)はカメラ量販店などで売っています。バッテリーチェックもOKでした。

モルトがかなり劣化していて、まるでサブレのように崩れていきました(笑)私が生まれる前のカメラですから、仕方ないです。ジャンクですし。

エレクトロ35はシリーズを通して、累計300万台以上生産されている、大衆向けの低価格帯カメラです。オークションでも安く出品されていることがありますし、手に入れやすいのはないでしょうか。

一般受けのするカメラではないかもしれませんが(苦笑)電池がなくても、1/90秒単速で撮影できるし、いいカメラだと思います。

Yashica Electro35CCのYashinonレンズがスゴい!

Yashica Electro35CCの35mmYashinonレンズには本当に感動しました。像面湾曲がほとんどなく、写真の端から端までなかなかの鋭い写りです。

絞り優先EE(指定した絞りに合わせてシャッタースピードが自動で変わる)なので、コンパクトカメラなのに撮影者が自分でボケ具合を決められます。

シャッターはほとんど振動がないので、低速のシャッタースピードでも、案外ブレずに撮影できたりします。

開放で撮影したときの、被写体がふわっと浮き上がるような描写がすばらしい!

関連記事